雑談 健康診断

初の「雑談」という事で、小物作りには全く関係なく、甚だ唐突ではございますが、、、

たまにはジャンルにとらわれず、日々有った事や気付いた事、趣味の事なども、書いて行こうと思います。

 

まあ、関心ない事この上ないとは思いますし、、前回「続く!」的な事を書いたにもかかわらずぶっこむ事も有るとは思いますが、テーマを絞ると書くのに疲れちゃったり、煮詰まっちゃったり、本流の準備ができなかったりするかもなぁと、何となく思うので、その辺りは笑ってスルーしてください。

で、今回のテーマは年に1度の「健康診断」。

 

今年も行って参りました。

 

なんでかやっちゃう、前日の悪あがきの様な節制は辛いですが、勤める会社で費用を負担していただけるこの制度は、会社員としては嬉しい事のひとつです。

そして、、、(他意はないのですが、、)看護婦さんが、綺麗で気立ての良さそうな方だと更に嬉しい!。

「血でも何でも、ドンドン持っていってくれィ♪」という気分になります。

 

ただ、しかし、

 

ですが、、、

 

そんな、浮かれポンチな事を思っているなどは、私は決して顔には出しません。

なぜならそれは、彼女が、これから話さなければならない深刻な問題について、少しでも話し辛い雰囲気を作っては申し訳ないという私なりの配慮、、、が有るからです。。。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

それまでの計測データが記入されたカルテを片手に、さし障りの無い所から話しをし出す彼女。

淡々と、頷く私。

(いよいよ来るナ、彼女はあんな存在否定的な事を、日に何回話さなければならないのだろうか、、、)

想いは馳せます。

 

彼女にとっての話し易い雰囲気。

それは恐らく、日に何十人も訪れる、その中の当たり障りの無い一人として、、

ふうっと過ぎ去っていく饅頭のひとつとして、、独特の雰囲気を出さない事、、、

その為に、上ぶる訳でもなく、不機嫌な風でもなく、ただ淡々と、当たり障りなく受け答えて行く、、、

 

BMI値が高めですね〜、この数値、ご存知ですか?」

「ええ、まあ。」

 

受け応えつつ、身構えます。

 

遂に来る、、

慈悲も容赦も無い、「 デブ 」と言う宣告。

私の雰囲気作りが功を奏したのか、自然流れの中で、特に気負うことなく、彼女はさらりと切り出した。

 

「BMIとは肥満の度合を測る体格係数で、体重を身長の乗数で割って出すんですが、25以上は肥満になるんです。割り下さんは、少しオーバーしてますネ〜。できればこの数値、下げた方が良いのですが、、、何か日常的に運動は為さってますか〜?

 

「 … 」

 

血圧の上昇を感じる。。。

最近殆ど運動していない、とは、妙なプライドが邪魔して言い出せない、、、

 

(ま、まずい、詰まった。コレは、気を使わせている。何とかこの現状を、打開しなければ、、、!)

 

彼女の目をチラッと見ながら、内心動転する私、、、

そして初めて歪めた口元から、咄嗟の唸り言葉が絞り落ちた。

 

「これは、、、

 

背、伸ばすしか、無いですね、、、」

 

 

「・・・・・・・」

 

 プッっ♪

 

一瞬の沈黙の後、彼女の口から、明るく楽しげなケタケタした笑い声が溢れ出した。

 

普通なら冬期オリンピックスケートの金メダリストでも成し得ない見事なスベリ。

 

それが、暖かい木漏れ日の様な、彼女の笑い声に昇華されていく、、、

私もつられて笑う。

 

なんか楽しい。。。

 

「まぁ、そういう方法もあるかもしれませんが、どちらかと言うと体重を落とす方向で、どうでしょう?」

「善処します、、、」

 

とまあ、、そんなこんなで、辛いバリュームの検査も終わらせて、午前中一杯、会社から解放されたひと時を、(満喫)過ごしたのでした。

BMIとはボディー・マス・インデックスの略で、体重と身長の関係から人の肥満度を示す体指数です。

計算式は

BMI=体重(kg)÷(身長m)2乗

この数値が22であれば適正で、この22という数値の意味は「統計的に最も病気にかかりにくい数値」ということの様です。

上で出て来た様に、25以上は肥満にカテゴライズされ、生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症)の確率が上がるそうです。

水を飲んでもぷくぷく太っていく感覚を自覚したのは、大体4~5年前位から。明らかに運動量が減ったのもありますが、やっぱり加齢には勝てないなあと思いつつ、それでも我が家にあるタニタさんの体脂肪計では、今でも標準を大幅に上回る筋肉量と基礎代謝を弾き出しているので、その辺りのロジックは分かりません(だから、自分のBMI値は最初から知ってました(^^;)。

ま、想定していない病気でなければ、「ま、いっか、」と、さして気にもなりませんが、年に一度くらいのチェックは大事。

皆さんも、健康診断、忙しいさにかまけて飛ばさない様に、致しましょう♪

 

 

神の谷の割り下